Zuddha 300

先日、6ヶ月に渡る合計48日間のRYT500 ズッダヨガ300時間アドバンスティーチャートレーニングが幕を閉じました。

ウェイロン先生が教えてくれたことは数えきれないほどありますがやっぱり、

アヒムサ ー非暴力; 自然を、自分を、周りを思いやる

タパス ー修練; 必要ないものを燃やす

バクティ ー献身; 無条件の愛を持って心から歌う

ズッダとはサンスクリット語で「純粋な」、「明瞭な」という意味です。修練で内側の火を燃やし、不純なもの、必要ないもの、執着などを燃やします。金を燃やせば燃やすほど純金に近づくように。

執着や、心配ごと、悩みごとに対する感情を修練で燃やした後、わたしたちは純粋な気持ちで、周りの生き物全てに感謝する余裕を持つことができます。

卒業式になる頃わたしたちには、歌って歌って歌いまくって、涙と笑いと感謝しかありませんでした。

通訳兼アシスタント、未熟な自分には大変だったけど家族はもちろん、開催してくださったニルヴァーナスタジオ、受講してくださった方を含む周りのみーんなに支えられて、助け合って乗り越えることができました。

みんな本当にありがとう!

  

We just had our graduation ceremony for the RYT500  Zuddha Yoga 300 hours advanced teachers’ training the other day. We have learnt countless things from Waylon and Zuddha Yoga, here’s a few things we emphasize in our practice.

Tapas – austerity; burning away of accumulated impressions, ego, attachments.

Ahimsa – nonviolence; compassion towards nature, ourselves and all living things.

Bhakti – devotion; practice of unconditional love through singing and creating devotional music.

After 48 days in total of training over 6 months, and lots and lots and lots of singing, we have nothing but gratitude left. I’m grateful for my family, my teachers Shihoko and Waylon, Nirvana Yoga Studio, my fellow Zuddha teachers, friends and all living things in my life.

Thank you!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中