Hip opening @Nirvana!! ヒップオープン@ニルヴァーナ

hipflexors

imagesCA48UAK0

Hyperlordosis 反り腰  Ideal  理想

 

Hip flexors  腸腰筋

今日はニルヴァーナスタジオで教えている、毎週金曜日午後3時のレギュラークラスでした。

毎週お題を作ってるの。先週は脚、特に大腿筋/太ももの強化を意識したクラス。脚が強くなると、姿勢の改善、腰痛の予防・回復につながります。

今週はヒップオープン。股関節は可動域が大きい関節です。ヒップオープンも腰痛の予防・回復につながります。ヒップにはネガティブな感情をためやすいとも言われているので、どんどん開いて心を浄化しちゃおう!

股関節について、よく取り上げられるのはヒップフレクサー。
つまり股関節を屈曲させる筋肉、がいくつかあって、それをまとめて腸腰筋と言います。そのうちのひとつの大腰筋は、腰椎から大腿骨にかけてくっついている筋肉で、姿勢をキープしたり、太ももを持ち上げる働きがあります。陸上選手やサイクリストさんたちはストレッチしてないと、太ももの筋肉はガチガチだったり。デスクワークを長時間して、足の付け根を伸ばさないでいると、曲がったままのところの血流が滞ったり。

そのヒップフレクサー、もしくは腸腰筋、屈曲したままでいると、縮んでしまいます。
縮むと、骨盤が前傾し、腰が過度に反ります。

腰が反っていると、背骨の間の関節への負担が大きいため、椎間関節炎の原因ともなることがあります。

姿勢を保つために必要な腹筋が使えず、腰への負担が大きいために、腰の筋肉が痛くなって腰痛になることもあります。姿勢が悪いと消化機能や、腎臓の機能も妨げてしまいます。

でも心配しないで!ただの悪いクセですから。わたしも猫背でした。今もたまーに姿勢悪いって言われる(笑)。心配するのが一番の病です。少しずつでも伸ばして行けばいいんです。

ヒップフレクサー、腸腰筋を伸ばすような運動をすると、これらの症状を改善します。

横になる英雄座/スプタヴィーラアサナ
コブラ/ブージャンガアサナ
ランジ/アシュワサンチャリアサナ
戦士のポーズ II/ヴィーラバドラアサナII
などがオススメです。

来週も引き続きヒップオープンにフォーカス!

Reclining hero/supta virasana 横になる英雄座/スプタヴィーラアサナ

20140716-133917-49157956.jpg

Low lunge/ashwa sanchalasanaランジ/アシュワサンチャリアサナ

20140716-133918-49158784.jpg

Cobra/Bhujangasana コブラ/ブージャンガアサナ

20140716-140046-50446106

Warrior II/virabhadrasana II    戦士のポーズ II/ヴィーラバドラアサナII

20140716-133919-49159647.jpg

My second class at Nirvana studio today was on hip opening. In yogic terms, there is no separation between the mind, body and spirit. What you think or feel, manifests in your body. It is said that negative emotions tend to accumulate in the hips, so definitely do some hip opening to put a smile back on!! Hip opening brings proper alignment, releases lumbar (lower back) tension and improved circulation in the legs (–> detoxification –> weight control!).

One of the hip flexors psoas major originates from the lumbar spine and inserts at the top of the femur (thigh bone). It’s one of the main muscles that maintain your posture together with the muscles of opposing work, and flexes your hips; it’s the muscle that lifts your thighs. Runners and cyclists tend to have tight hip flexors if they don’t work on hip opening exercises. Long hours of desk work day after day can also tighten your hip flexors.

When your hip flexors are maintained flexed for long periods of time, they tighten and tilt the pelvis forward, making your lumbar overarch (hyperlordosis). Your core muscles cannot be engaged in this posture, so there is excess work on the lumbar muscles and you might experience lumbar pain. If it’s not the overworked lumbar muscles that are causing the pain, then it could be the pressure on the facet joints of the lower spine, which can contribute to arthritis on those joints.

Don’t worry, hyperlordosis is just a bad posture/habit, we can change our habits, and good habits manifest on your body, too. I slouch too, and Eric always catches me in my slouch. Shh!

Try one or more of those asanas above, breathe through them when you wake up or whenever you have a minute for yourself.

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中